交通系カードとクレジットカードの関係

JR、私鉄を問わず、交通系カードは大きく普及し、いまや自動券売機や定期券売場がだんだん小さくなっていくように思えます。多くの交通系カードは、クレジットカード機能をもったものが多いです。中には前払い式の電子マネーと後払い式のクレジットカードに交通系カードがくっついたものまで出てきました。交通系カードの普及で、カード一枚で全国を旅行できるような状況でもあります。これは交通系カードの互換が全国規模となったことが原因です。


関東の交通系カードは比較的前払い式が多くなっています。反対に関西の交通系カードは後払い式のクレジットカード方式が多く普及しています。関西の交通系カードはそのカード単体というものは少なく、関連する流通系カードと連携しているものがほとんどです。そのためカード一枚で電車に乗って、買い物ができ、そのポイントがカードに溜まり、またそれを使うというという図式が出来上がりはじめています。交通と商業との連携が出来ているということです。


関東の場合は、その前払いカードの決済場所を多く増やして利用頻度を高める動きが活発です。駅ナカショップのほとんどでは交通系カードが使えます。しかしながら前払い式カードでは利用できる上限が限られてしまうので、どうしてもクレジットカードの機能を使わざるを得ないようです。関西では、交通系、流通系の一体型カードに銀行のキャッシュカードが一体化したものが出てきています。こうなれば現金も手に出来るので格段に便利です。

You can leave a response, or from your own site.

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans